はじめて

初めての方に参加していただくと、はっとすることがあります。
「そうそう、わたしもはじめの頃そうだった」
「こういうところ、どうしたらいいか気になる〜」

自分の中で当たり前になりそうだったことに、気づかせてもらっています。少し、ご紹介しておきますね。

「おトイレ行きたくなっちゃいました」
「寒かったですぅ」

レッスンの途中でも、我慢せずに動いてもらっていいですよ〜。
我慢していると、からだを感じることは難しいですから。

「初めは、何言われているかわからなかったけど、段々慣れてきた」

見本がなく、自分で聞きとったまま動いていくものですから、戸惑われる方もあります。30分くらいで慣れると思います。先生は自分の中にいますよ。”心地いい”を頼りに、いろいろやってみましょう。

「片側ばかりやっていたので、いつ反対側をするのかなとずっと気になっていた」

フェルデンクライスのレッスンは、両側を交互にやっていくもの、片側だけのもの、主にイメージを使うものなどがあります。片側だけレッスンすることで、左右の違いを感じてもらいやすくなります。

「レッスンのあと、やたら眠くて・・・これは何かあるなぁと思って♪」

静かなレッスンですが、普段と違うやり方で学習するので、脳はとても疲労します。体が緩んで、だるく感じる方もあるようです。体からのサインを大事に、ゆったり過ごされることをお勧めします。

それが無理なら、レッスン後にお部屋で、少しゆっくりされるだけでも違いますよ。

「体はこのあたりが気持ちいいと感じていて、でも自分はもう少し先までやりたい。」
「まず、肩に力がはいってるのがわかった」
「足の付け根が伸びました」
「体、楽になりました」
「レッスンのあとの、ほゎ〜んとした感じが好き」
「こっちが軽くなりました」
「ちっちゃい、ゆっくりの動きは難しい」

これからが楽しみです。



posted by えこまいちゃん at 2009年10月21日 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | レッスンを体験すると・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33099200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック